UTSUWA11|陶器・漆・ガラス・木工|大阪府豊中市旭丘1-108-2F|06-6152-8887

EXHIBITION UTSUWA11の展覧会情報

うつわうたたね 個展 「稜線」
2020/1/18-25 1/22休み

2019.2.7

1/18(土) うつわうたたね在店

自らの足で歩きたどり着いた現在
その先にある山に続く道 稜線

作陶に専念するため 昨年退職されました
うつわうたたねさん再生の個展を ぜひご覧ください

村上圭一(木)・廣政毅(陶磁器)二人展
2020/2/8-2/15 2/12休み

2019.2.6

村上圭一、廣政毅

井上茂 個展
2020/3/14-21 3/18休み

2019.2.5

井上茂

su-nao-home 個展
2020/4/18-25 4/22休み

2019.2.4

su-nao-home

斎藤幸代 個展
2020/6/13-20 会期中17(水)休み

2019.2.3

斎藤幸代

終了した展覧会

竹口要 作品展 ーOr et blancー
2019/12/14(土)~21(土) 会期中18日(水)休み

2018.5.19

12/14(土) 竹口要在店

冬の訪れ
あたためてくれる愛しいもの
金の夜と白い朝に
あるべき器

竹口要 作品展
ー Or et blanc ー

フランス語で
「金と白」を意味します

原田晴子 個展〜Botanical〜
2019/11/23(土・祝)~30(土) 会期中27日(水)休み

2018.5.19

11/23 原田晴子 在廊

小花や葉っぱ柄など植物柄ばかりの作品の展示です。
原田さんの新作の器も並びます。あたたかでナチュラルなこころ和む展示をぜひご覧ください。

室井夏実 個展 「Snap」
2019/11/03(日)~10(日) 会期中6日(水)休み

2018.5.19

11/3(日) 室井夏実 在店

11/3個展初日にワークショップ「豆皿絵付け会」を開催いたします。
詳しくはブログをご覧ください。

松浦コータロー 佐藤もも子 二人展「磁と瓷の器」
2019/10/19(土)~10/26(土) 会期中23(水)休み

2018.5.19

松浦コータロー 在店日 10/19(土)
佐藤もも子 在店日 10/19(土)

主に陶石を原料とするすべらかな作品にあてられる「磁」の文字と、少し土ものに寄った柔らかさを持つ作品にあてられる「瓷」の文字。
「磁器」と「瓷器」
微かな土の香に魅了され、磁と瓷の間で試行錯誤しながらも独自の新しい磁器のカタチ、表現を模索する二人の作家の個性と魅力溢れる作品をご覧ください。

* 初日10/19(土)のご入店はご予約のお客様に限らせていただきます

中野知昭 漆 個展
2019/09/28(土)~10/05(土) 会期中2(水)休み

2018.5.19

9/28(土)29 (日) 中野知昭 在廊

美しい漆の作品の展示のお知らせです。

『 中野知昭 漆 個展 』

光を反射する全てのものの中で最も優美な光を生み出すのが漆ではないでしょうか。

越前の塗師、中野知昭さんは漆器づくりの伝統的な技法と幾重もの行程を忠実に守り、強く美しい漆器を作られます。

特別なものではなく、毎日の食卓に、暮らしの中に普通にあってほしい。 その想いの込められた強さと美しさ。ぜひご覧ください

utsuwa11 では初めての漆の作品の展覧会となります。
作品の魅力を存分に感じていただけるよう努めます。
どうぞお楽しみに。

ぜひ足をお運びくださいませ。

BLOG UTSUWA11のブログ

『竹で作るパン籠ワークショップ』

2020.1.14

憧れの竹細工を作ってみませんか。

utsuwa11では来月、京都の竹細工師ユウノ竹工房の岡悠さんを講師にお迎えして、竹のパン籠を作るワークショップを行います。

美しくしなやかな竹を手で編んで少し高さのあるパン籠(200×200mm h50mm)を作ります。
長方形のパン籠もお選びいただけます。


『竹で作るパン籠ワークショップ』

講師 岡悠(ユウノ竹工房・京都)

日時 2月23日(日)
  ①10:00-13:00 7名さま
  ②14:00-17:00 7名さま
費用 4500円(税込み)
持ち物 エプロン、タオル、持ち帰り用の袋

【申し込み方法】
utsuwa11ホームページ utsuwa11.com のお問い合わせフォームよりメールにて申し込みください。

お名前、お電話番号、ご希望の時間帯をお知らせください。

申し込みは1月26日(日)12時より承ります。
定員に達しましたら募集を締め切らせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。


講師の岡悠さんが生み出す美しい竹の作品はみなさまもご覧になったことがあるかもしれません。
@younotakekobo
細い指先がしなやかに動いて美しい竹細工を生み出すのを昨年工房で拝見しました。

岡さんが作り方を優しく教えてくださいます。
どうぞご参加ください。

ブログの記事一覧 |  うつわうたたね 個展 『 稜線 』 →

gotop

goback