UTSUWA11|陶器・漆・ガラス・木工|大阪府豊中市旭丘1-108-2F|06-6152-8887

EXHIBITION UTSUWA11の展覧会情報

三人展「スキ ト オル」
2019/02/09(土)~16(土)

2018.10.4

若菜綾子(陶磁器)
前田麻美(陶磁器)
新美典子perico畑(染織)

「三島展」
2019/03/02(土)~10(日)

2018.10.4

池田大介
井上茂
小林耶摩人
中西申幸
額賀円也
マルヤマウエア
山田隆太郎
(アイウエオ順)

臼田けい子 個展
2019/04/06(土)~13(土)

2018.11.26

臼田けい子

松下高文(ガラス)個展
2019/05/18(土)~25(土)

2018.11.26

松下高文

石原ゆきえ(陶器) 伊藤亜木(ガラス) 松居久美(木工) 3人展
2019/06/01(土)~08(土)

2018.11.26

石原ゆきえ 伊藤亜木 松居久美

マルヤマウエア 個展
2019/06/29(土)~07/06(土)

2018.11.26

マルヤマウエア

終了した展覧会

中川紀夫(紀窯)個展
2018/12/15(土)~23(日) 

2018.11.26

会期中12/19(水)20(木)休み

12/15(土) 中川紀夫 在廊

長崎県波佐見でスリップウェアを作られます中川紀夫さん の2回目の個展です。
ちょうど2年前の12月に初めて個展をしていただきました。

DMのプレートは今回の新作です。
黄金の獅子 が描かれています。
べっ甲のように輝くゴールドのプレートをクリスマスの食卓に間に合うように作っていただきましたよ。

ヨーロッパで生まれ、海と大陸を渡って日本に根付いたスリップウェア。クラシカルなものからキュートなものまで幅広いバリエーションでお届けいたします。
魅力溢れる中川紀夫さんの作品をぜひご覧ください。

うつわうたたね 個展
2018/11/23(金)~12/01(土)

2018.11.8

会期中11/27(火)28(水)休み

11/23(金) 25(日)PM うつわうたたね在廊

土に親しみ25年。別の仕事を持ちながら夜な夜な作陶に打ち込んでこられました。
選んだ道にも選ばなかった道にも意味があります。
回り道での出来事や経験は蓄積して、やがて堆肥となり、土に豊かな潤いを与えます。
年功というにはまだ若すぎる彼女ですが、遅咲きの作家の作品は今こんなにも輝いています。
ぜひ足をお運びください。

室井雑貨屋 個展
2018/09/16(日)~23(日) 会期中19(水)休み

2018.9.5

9/16 室井夏実 在廊

今年もあの子たちがやって来てくれます!
シュールな生きものたちのクスッと笑えるほのぼの感。

今年のテーマは「テクノ」。
物言わぬ作品に耳を傾けてみてください。

初日16日は作家室井夏実さんが在廊してくださいます。
ワークショップ「豆皿絵付け会」では室井さんがお客さまひとりひとりのご希望を聞いて豆皿に絵付けをしてくださいます。
詳細、申し込み方法はBlogをご覧ください。
※定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきました。

望月万里 個展
2018/09/01(土)~8(土) 会期中5(水)休み

2018.8.7

9/1 望月万里 在廊

薄くて軽くて美しく繊細な器たちです。
アンティークの技法に倣い、望月さん独自の解釈とエッセンスを加えて生まれた軟質陶器。
動きを内包する繊細なレリーフは、遠い昔の記憶と未知への憧れを綯交ぜて清らかな色香を漂わせます。

岡山で作陶されます望月万里さん。utsuwa11 では何度か企画展にご参加いただいてきましたが、今回は初めての個展です。
望月さんの美しい器で埋められたutsuwa11 を想像すると、楽しみでなりません。
どうぞ足をお運びください。

su-nao home個展
2018/08/18(土)~25(土) 会期中22(水)休み

2018.5.19

8/18(土) su-nao home 松本圭嗣 在廊

メタリックな黒 洗練されたスタイル 軽さ 安定のスタッキング 触れた手に伝わる土のぬくもり
作品のひとつひとつが持つ自然なゆらぎ
その全てが su-nao home の魅力です。
2015年に松本圭嗣さんが立ち上げた陶器ブランド su-nao home 待望の初個展は来月18日から。
どうぞよろしくお願い致します。

器の黒にちなみ、初日11:00よりchocolate reception(予約不要)を行います♡
どんなチョコかお楽しみに♪

BLOG UTSUWA11のブログ

金継ぎのワークショップvol.11,12のお知らせ

2018.12.10

割れたり欠けたりヒビが入ってしまった器を自分で蘇らせることができます。
数々の器を修復して新しい命を吹き込んでこられた、平田よし子さん(豊中市北桜塚の人気飲食店「料理屋くおん」、惣菜と菓子の持ち帰り専門店 六禾(りっか))を講師にお迎えして金継ぎ(簡易金継ぎ)のワークショップを行います。
日本古来から伝わる本金継ぎ(漆で接着し、金で装飾する)とは少し違う手法で、合成漆やパテなどを使った現代の修理技法ですが、学びやすく、仕上がりは金色に装飾された新しい景色が生まれ、とても味わい深いものになります。


ご自宅から、割れたり欠けたりした器を2~3個くらいお持ちください。お持ちでない方はこちらでご用意いたします。
基本の道具を購入していただきますので(3500円)、ワークショップの後も、ご自宅でご自分で器を修復できます。
ワークショップは全2回で完結します。

各回のレッスンの後、お茶と六禾のお菓子をお楽しみください。

vol.11
1回目 1月21日(月) 11:00~13:00
2回目 2月18日(月) 11:00~13:00

vol.12
1回目 1月25日(金) 11:00~13:00
2回目 2月22日(金) 11:00~13:00

      
※器の割れかたによっては2回で終了しない場合もあります。

vol.11、vol.12とも定員は7名ですが、募集が5名に満たない場合開催いたしません。

レッスン料 : 8000円(税込)
      ( 金継ぎ道具の購入代3500円と2回のお茶とお菓子代を含む )

お申し込み : UTSUWA11ホームページお問い合わせフォームより、メールにてお申し込みください。
その際にお名前、お電話番号、月曜日の回(vol.11) or 金曜日の回(vol.12)をお知らせください。折り返し、詳細についてご連絡差し上げます。

お申し込みお待ちしております。

料理屋くおんさんのホームページ→http://ryouriyakuon.info/top.html
惣菜と菓子の持ち帰り専門店 六禾(りっか)facebook→https://www.facebook.com/rikka20170407/
                instagram→https://www.instagram.com/rikka______/?hl=ja

ブログの記事一覧 |  中川紀夫(紀窯)個展 →

gotop

goback