UTSUWA11|陶器・漆・ガラス・木工|大阪府豊中市旭丘1-108-2F|06-6152-8887

EXHIBITION UTSUWA11の展覧会情報

池田大介 個展
2019/07/14(日)~21(日) 会期中18(木)休み

2018.10.31

07/14(日) 池田大介 在廊

端正でありながら勢いを感じる作品の数々。
原土をベースに調合された土に独自の技法、道具を用いて丹念に、正確に作り上げられた作品には不思議と奔放な美が宿り、強い残像を瞼に残します。
今展では池田さんの代名詞でもあるヘリンボーンをはじめ、三島手や刷毛目、粉引などをご覧いただきます。どうぞ足をお運びください。

松浦ナオコ 個展
2019/08/03(土)~10(土) 会期中7(水)休み

2018.10.30

08/03(土)松浦ナオコ

遠い国のお姫様やちょっとおかしな動物たち
何度も何度も同じページをめくった幼い日のあの絵本のように
心あたたまる物語がひとつひとつに描かれています
手にした誰かが優しい気持ちになりますように
そんな魔法にかけられた作品をお届けいたします

額賀円也 個展
2019/08/17(土)~24(土) 会期中21(水)休み

2018.10.29

08/17(土) 額賀円也

豊かな土の香を漂わせながらもピリッと引き締まった輪郭
仄かにやわらかくひそむ色香。
何か強い磁力で人を惹きつけます。

伝統的な手法でつくられる鉄釉、粉引、三島、刷毛目などの作品に隠された魅惑のスパイスを確かめに、ぜひお運びください。

望月万里 個展
2019/09/14(土)~21(土)

2018.10.28

望月万里

中野知昭 漆 個展
2019/09/28(土)~10/05(土)

2018.10.27

中野知昭

「磁と瓷」佐藤もも子 松浦コータロー 二人展
2019/10/19(土)~10/26(土)

2018.10.26

佐藤もも子 松浦コータロー

室井雑貨屋 個展
2019/11/02(土)~09(土)

2018.10.25

室井雑貨屋(室井夏実)

原田晴子 個展
2019/11/23(土・祝)~30(土)

2018.10.24

原田晴子

竹口要 個展
2019/12/14(土)~21(土)

2018.10.23

竹口要

終了した展覧会

マルヤマウエア 個展
2019/06/29(土)~07/06(土) 会期中07/03(水)休み

2018.10.22

06/29(土) マルヤマウエア 在廊

この未踏の辺境の地に、こんなにもバランスよくこんなにも魅力的に作品を立たせることができるのだと驚きました。
伝統的な陶芸作品の持つ上質感、侘び寂び感、深い奥行きを損なうことなくとことんラブリー。
3月の三島展でもご好評をいただきましたマルヤマウエアさん。待望の個展をさせていただきます。
どうぞご覧ください。

3人展「ひおもて」 石原ゆきえ(陶器) 伊藤亜木(ガラス) 松居久美(木工)
2019/06/01(土)~08(土) 会期中5(水)休み

2018.5.15

石原ゆきえ 伊藤亜木 松居久美

陶器、ガラス、木工と素材の異る3人の作家による展示です。
梅雨の晴れ間の陽の光と水分を含むやわらかな空気。
6月のひおもて(日向)をイメージした作品を作っていただきました。

伊藤亜木さん、松居久美さんとはおふたりともutsuwa11 スタート当時よりのお付き合いでもう4年になりますが、初めて展示をして下さいます。
石原ゆきえさんの作品と合わさって優しく奏でられる音楽が聞こえてきそう。楽しみな楽しみな展示です。どうぞよろしくお願い致します。

松下高文 展 ー 百花 hyakka 2019 ー
2019/05/18(土)~25(土) 会期中22(水)休み

2018.5.14

05/18・19 松下高文在廊

松下高文さんは兵庫県姫路市に工房を持たれるガラスの作家さんです。
独自の手法を用い、揺らぎ踊る繊細な草花をガラスに取り込み器を作成されます。

細かな細工を施した立体的なガラスパーツを事前に作り、それを焼き付けるという独自の製作工程を辿るがゆえに、筆で描いたものとは違う、個性的な風合いに仕上がっています。
今展では「見上げる景色」と題した大小のお皿を中心に、初夏の花や若葉が作り出す風景や色彩を切り取った、百花の器をお届け致します。どうぞご高覧ください。

臼田けい子 個展
2019/04/06(土)~13(土) 会期中10(水)休み

2018.5.19

6(土)7(日)臼田けい子在廊

静岡県遠州森町で作陶されています。
臼田さんのトレードマーク、瑠璃色の器。この気高い青に魅せられて森町まで出かけたのは4年前のことです。
のどかな山里の一軒家。大きな窓から見えた緑豊かに広がる自然の景色を思い出します。その隣に建てられた工房にはドームのような薪窯が鎮座していました。

utsuwa11 では3年ぶり2度目の個展です。
臼田けい子瑠璃色ワールドをどうぞお楽しみに。
柞灰の白い器もございます。そちらもとても綺麗です。

「三島展」
2019/03/02(土)~10(日) 会期中6(水)休み

2018.5.19

池田大介
井上茂
小林耶摩人
中西申幸
額賀円也
マルヤマウエア(3/2在廊)
山田隆太郎
(アイウエオ順)

どうして人は三島にこころ惹かれるのでしょうか。

7人の作家に三島の器を作っていただきます。

表面に彫りを入れたり 印を押したりして、へこんだ部分を化粧土で埋めて装飾する三島。

空洞を埋めるということ。
傷の手当てをするように。
そして美しく満たして仕上げる。

そんなところに魅力があるのではと思うのです。

BLOG UTSUWA11のブログ

額賀円也 個展

2019.7.20

『 額賀円也 個展 』

2019/8/17(土)〜8/24(土)
11:00-17:00
8/21(水)休み

初日8/17(土)作家在店

豊かな土の香を漂わせながらもピリッと引き締まった輪郭
仄かにやわらかくひそむ色香。
何か強い磁力で人を惹きつけます。

伝統的な手法でつくられる鉄釉、粉引、三島、刷毛目などの作品に隠された魅惑のスパイスを確かめに、ぜひお運びください。

ブログの記事一覧 |  松浦ナオコ 個展 →

gotop

goback