UTSUWA11|陶器・漆・ガラス・木工|大阪府豊中市旭丘1-108-2F|06-6152-8887

安藤日出武・安藤工(仙太郎窯)|鼠志野カップ&ソーサ

  • 鼠志野カップ&ソーサ

  • 鼠志野カップ&ソーサ

  • 鼠志野カップ&ソーサ
  • 鼠志野カップ&ソーサ

HOME > コレクション_安藤日出武・安藤工(仙太郎窯)_鼠志野カップ&ソーサ COLLECTION 安藤日出武・安藤工(仙太郎窯)|鼠志野カップ&ソーサ 12 岐阜県多治見は美濃焼の里で、安藤日出武さん、安藤工さん親子を中心に
伝統的な手法が頑なに引き継がれています。
味わい深い品々は使えば使うほど魅力を増します。 志野の起源は桃山時代にまでさかのぼります。鴇色(ときいろ)も 薄浅葱色(うすあさぎいろ)も土からうみだされる自然な色なので優しく深い。

色:
水色
サイズ:
87mm×105mm H 121mm ソーサ 径 147mm H 22mm
単価:
3,500円(+税)
説明:

注意事項
※ひとつひとつ作家の手で作られています。重さ、大きさ、歪み等には個体差があります。画像と全く同じものをお届けではないこと、あらかじめご了承ください。
※ご利用のブラウザーやモニターによって実際の色と、多少違いがありますこと、あらかじめご了承ください。

作家一覧

BLOG UTSUWA11のブログ

松下高文 展 ー 百花 hyakka 2019 ー

2019.4.11

5/18(sat)-5/25(sat)
11-17時
close. 5/22(wed)

作家在店. 5/18・19

松下高文さんは兵庫県姫路市に工房を持たれるガラスの作家さんです。
独自の手法を用い、揺らぎ踊る繊細な草花をガラスに取り込み器を作成されます。


〜細かな細工を施した立体的なガラスパーツを事前に作り、それを焼き付けるという独自の製作工程を辿るがゆえに、筆で描いたものとは違う、個性的な風合いに仕上がっています。
今展では「見上げる景色」と題した大小のお皿を中心に、初夏の花や若葉が作り出す風景や色彩を切り取った、百花の器をお届け致します。どうぞご高覧ください。〜

ブログの記事一覧 |  「臼田けい子 個展」 →

gotop

goback