UTSUWA11|陶器・漆・ガラス・木工|大阪府豊中市旭丘1-108-2F|06-6152-8887

安藤日出武・安藤工(仙太郎窯)|鼠志野カップ&ソーサ

  • 鼠志野カップ&ソーサ

  • 鼠志野カップ&ソーサ

  • 鼠志野カップ&ソーサ
  • 鼠志野カップ&ソーサ

HOME > コレクション_安藤日出武・安藤工(仙太郎窯)_鼠志野カップ&ソーサ COLLECTION 安藤日出武・安藤工(仙太郎窯)|鼠志野カップ&ソーサ 12 岐阜県多治見は美濃焼の里で、安藤日出武さん、安藤工さん親子を中心に
伝統的な手法が頑なに引き継がれています。
味わい深い品々は使えば使うほど魅力を増します。 志野の起源は桃山時代にまでさかのぼります。鴇色(ときいろ)も 薄浅葱色(うすあさぎいろ)も土からうみだされる自然な色なので優しく深い。

色:
水色
サイズ:
87mm×105mm H 121mm ソーサ 径 147mm H 22mm
単価:
3,500円(+税)
説明:

注意事項
※ひとつひとつ作家の手で作られています。重さ、大きさ、歪み等には個体差があります。画像と全く同じものをお届けではないこと、あらかじめご了承ください。
※ご利用のブラウザーやモニターによって実際の色と、多少違いがありますこと、あらかじめご了承ください。

作家一覧

BLOG UTSUWA11のブログ

『 三島展 』

2019.2.16

どうして人は三島にこころ惹かれるのでしょうか。

7人の作家に三島の器を作っていただきます。

表面に彫りを入れたり 印を押したりして、へこんだ部分を化粧土で埋めて装飾する三島。

空洞を埋めるということ。
傷の手当てをするように。
そして美しく満たして仕上げる。

そんなところに魅力があるのではと思うのです。


3月の『 三島展 』のDMが出来上がりました。


三島展

2019/3/2(sat)-3/10(sun)
11:00-17:00
close : 3/6(wed)

池田大介 
井上茂 
小林耶摩人 
中西申幸 
額賀円也 
マルヤマウエア 
山田隆太郎 
(アイウエオ順)

3月のご予定にぜひ入れてくださいませ。
写真の説明はありません。

ブログの記事一覧 |  スキ ト オル (三人展) →

gotop

goback