UTSUWA11|陶器・漆・ガラス・木工|大阪府豊中市旭丘1-108-2F|06-6152-8887

廣政 毅|ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿
  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿
  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿
  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿
  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿
  • ルリ地掛分陽刻紗綾形角小皿

1980年兵庫県川西市に生まれる。
京都府立陶工高等技術専門学校成形科、研究科、終了後、京都亀岡にて藤塚光男氏に6年間師事。
2014年 川西にて独立されました。
李朝などの骨董に倣った美しくたおやかな白磁や、心くすぐる可愛らしい染付けなど、作品の素直な力強い魅力に惹かれます。

骨董に倣い、丁寧に作られたルリの角小皿。白い十字の中にも花と葉の模様が浮き上がります。背筋を立てたくなる紗綾紋がピリッとアクセントに。

一つ一つ手作りのため、サイズや表情が微妙に異なります。
撮影時の光の加減やご覧になるディスプレイによっても色味や質感など多少変わります。ご了承くださいませ。

色:
サイズ:
85mm×85mm H25mm
単価:
2,200円(+税)
説明:

購入ページへ

注意事項
※ひとつひとつ作家の手で作られています。重さ、大きさ、歪み等には個体差があります。画像と全く同じものをお届けではないこと、あらかじめご了承ください。
※ご利用のブラウザーやモニターによって実際の色と、多少違いがありますこと、あらかじめご了承ください。

作家一覧

BLOG UTSUWA11のブログ

『 三島展 』

2019.2.16

どうして人は三島にこころ惹かれるのでしょうか。

7人の作家に三島の器を作っていただきます。

表面に彫りを入れたり 印を押したりして、へこんだ部分を化粧土で埋めて装飾する三島。

空洞を埋めるということ。
傷の手当てをするように。
そして美しく満たして仕上げる。

そんなところに魅力があるのではと思うのです。


3月の『 三島展 』のDMが出来上がりました。


三島展

2019/3/2(sat)-3/10(sun)
11:00-17:00
close : 3/6(wed)

池田大介 
井上茂 
小林耶摩人 
中西申幸 
額賀円也 
マルヤマウエア 
山田隆太郎 
(アイウエオ順)

3月のご予定にぜひ入れてくださいませ。
写真の説明はありません。

ブログの記事一覧 |  スキ ト オル (三人展) →

gotop

goback